読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人サラリーマンの「大富豪への道リアル実況」

一度きりしかない人生、どうしても大富豪になってみたい凡人サラリーマンの飽くなき挑戦ブログ

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦!

27日目の更新です。

 

社長の本棚から黙って拝借した「トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦① ブランド人になれ!」という本を読んでます。

Amazon CAPTCHA

この本を私が手に取ったのは本の題名に「サラリーマン大逆襲」とあったからですが、読んでみて運命的な出会いだったと確信しています。

 

正に私の為にある本であると!

 

著者は「経営コンサルタント」であり、企業を成功させるプロなんです。

それが「サラリーマン」という個人に焦点をあてて本を書いているんですね。

面白い発想で個人を「自分株式会社」として見ることによって、トムの経営コンサルタントとしてのノウハウがそのまま役立つように書かれているのです。

 

個人=会社という発想は無かったなぁ~。

面白すぎます。

でも、非常に的を得ていると妙に納得してしまいました!

 

 本書の中では、多くの偉人たちの言葉が随所に紹介されており、その言葉が私のハートに突き刺さってくる!

 

「世間的に大成功するかどうか、それは自分の意のままにはならない。人間が意のままにできるのは自分の意思だけだ」デイヴィッド・マメット

 

コレ!一番私に刺さった言葉。

デイヴィッド・マメットって誰だ??

調べてみましたよ。

デヴィッド・マメット - Wikipedia

 

脚本家、映画監督とありました。

凄い有名な映画ばかりでした!!

 

トム・ピーターズが言っていることは、『エクセレント・ピープル』になれと言っているのです。

これからの時代は、単なる組織の歯車でいてはいけないと。

「自分株式会社」を立上げ(実際に立ち上げるわけでは無いですよ!)、自分自身をブランド化する。

常に自分をデザインし、自分の持つ武器を磨き上げ、「抜きん出た人」になれ!

そう言っているのです。

 

それだけではない、自分株式会社ですから、

・「マーケティング力」を身に付け自分を売り込む。

・「会計の知識」を身に付け、資金管理をする。

・「商品企画力」を身に付け、プロジェクトを実行する。

・「経営企画力」を身に付け、経営戦略を練る(自分の将来ビジョンを描く)。

 

そして、これが一番私の苦手分野かもしれませんが、「スピーチ力」を身に付けろと言っていますね。

私もどこかスピーチを教えてくれる教室でも通ってみたいと思いました。

 

それから、トムはこうも言っています。

「コミュニティ」を作れと。

どうやって作るかは書いてなかったので、調べてみます。

私が作るとしたら、同じサラリーマンの人たちに対して、一緒に「エクセレント・ピープル」を目指そう!という感じのコミュニティかな・・・。

もしくは「大富豪を目指そう!」っていうのかな?

 

でも、私はすぐに感化されやすいので、「コミュニティを作る」ということだけは決めました!

メンバーは「サラリーマン」限定。

活動内容はまだ決めていませんが、私がやっていることを情報として発信したり、ステージをあげたい人のお手伝いをしたり、という感じですかね。

私も情報の発信が自身のスキルアップや情報整理に役立っているので、コミュニティの活動も必ず何かしらの役に立つと思っています。

 

何事も、「やってみよう!」と思います(笑)

 

今日はこの辺で。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日の釋’s取り組みFIVE】


①徹底した節約をする。
 本日は土曜日。

 体調があまり良くなかったので、外出をしませんでした。

 なのでゼロ円生活達成できました^^

 

②給料以外の収入を得る。
 順調に準備が進んでいます。

 そういえば、今日中国から陳さんが日本に来るのです。

 来週じっくりと打合せをして、より詳細なルール等を決めたいと思います。

 

③少しでもレベルの高い人(収入の高い人)と会う。

 今日はずっと家にいたので会えませんでした。


④情報や知識をたくさん仕入れる。

 トム・ピーターズの本はかなり良い情報が満載でした!

 彼の他の本も読みたくなったので、機会を見て購入しようと考えています。

 社長が買ってくれてないかな~(笑)

 

⑤毎日ビジネスアイディアを考える。

 一日家にいて、時間があったのでかなり様々な事業モデルを考えてみました。

 実際にビジネスとして実用出来る事業かどうかは、アイディアを更に昇華させないと分からないですね💦💦

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー