読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人サラリーマンの「大富豪への道リアル実況」

一度きりしかない人生、どうしても大富豪になってみたい凡人サラリーマンの飽くなき挑戦ブログ

思うこと。熱く語ってみた。

14日目の更新です。

 

「なんでブログを毎日書くの?」

「大富豪目指しているなら黙って目指せばいいのでは?」

「恥ずかしくないの?」

 

家族から言われたことです(泣)

 

私がこのブログを書くのは、こういう理由があるからです。

①ブログに書くことで、コミットしたことを守ろうとする。

②誰かが見ているということで、やらねばならない仕組みにする。

③一日の活動を書き出すことで、様々な情報が整理できる。

④過去に書いたブログによって、情報を分析することができる。

⑤過去ブログからこれまでの思考の変化を記録できる。

⑥過去の反省から行動改善に繋がる。

⑦こんな私のブログでも、誰かの背中を押すことになれば素敵だ。

⑧同じような価値観を持った人とお友達になれるかもしれない。

十数年後、過去を振り返って笑い話にできる

⑩数十年後、過去を振り返って懐かしむことができる。

 

だから私はブログを書き続けようと思うのです。

 

さて、今日は「IoT」「VR」「AI」「Fintech」など最近話題の産業技術についていろいろと考えてみました。

様々な分野でITが広がって、センサーやロボットの目覚ましい技術革新が、これまでとは全く違うサービスを生み出しているわけです。

 

IoTでは、人間の五感よりも優れた各センサーによって、人間がいなくても、遠く離れていても、様々なことを実現することが可能です。

例えば、介護が必要な人をセンサーが監視して、緊急時には即時に知らせてくれたり、車両などにセンサーを付けて故障や盗難などの防止対策など、またそれらがインターネット回線で繋がることで、より正確なデータ収集と分析が容易になったり、遠隔で操作できたりと、様々な分野でその技術革新が起こっております。

 

VRでは、既にたくさんのサービスが出ていますが、「あたかもそこにいるかのような感覚」が新しい技術と言えるでしょう。

様々な分野にこれからも入って行くことが予測できると思います。

例えば、車や飛行機などの運転技術取得にVRを使ったり、そこにいながら世界中に旅行した気分を味わえたり、アイドルとデートするといった疑似体験なんかもサービスとしては出てきていますよね。

 

AIはもう説明不要ですね。

人工知能は様々な分野で既に活用されておりますね。

携帯使ってたら、SiriとかGoogle Assistantとか使ったことありますよね。

ソフトバンクのPepper君なんかもAIですよね。

もっと技術革新が進めば、きっと全てのことをAIが考えてやるようになりますね。

例えば医療診察とか、マーケティングなんかもAIがやるかな?

 

Fintechは金融革命と言われており、銀行や金融機関を介さずにネット上で送金や支払いを決済できるようにして、送金や支払いなどにかかる手間や手数料といったこれまでのお金のやり取りをよりスマートにスムーズにする技術です。

お店での支払いなどでカード決済の仕組みを簡単なシステムで導入出来たり、送金時の手数料をかからないようにしたり、最近では一般人から資金調達できる投資型のクラウドファンディングなんかもその分野に入ります。

ソーシャルレンディングなどとも呼ばれているようですね。

海外送金などでもいくつかサービスがありましたが、マネーロンダリングの温床となってしまい、ことごとく日本での利用が禁止されたのも記憶に新しいですね。

 

こういった技術革新、産業革命、において共通点として気付いたことがあります。

それこそが「非属人的」だということ。

つまりそこに「人間」を介さない。

 

『効率さ』『正確さ』を求めていくと当然の結果だと思います。

でも、そのことから予測される未来はどうなっていくのでしょう?

ロボットも凄い勢いで開発のスピードが増しています。

人間の社会において人間が要らなくなる?

必要ではなくなる?

 

私は、人々の生活基盤がそれで安定するのであれば、それでも良いと思うのです。むしろそうなるのであれば、技術革新・産業革命バンザイ!と。

しかし、おそらくその富は開発した一部の企業のみが全て手に入れ、仕事を失った弱者は貧困に追いやられ、現在でも問題となっている貧富の差というのが更に悪化していくのではと思っているのです。

 

そうなった時、ピラミッドの頂点側の人たち以外の消費活動は一気に落ち込み、彼ら自身も吸い上げるところが無くなり、自然崩壊すると思うのですが一体人間はなにを・どこを目指しているのでしょう?

 

「今・目の前」のことだけしか考えずに技術やら仕組みなどを創るのではなく、「より良い未来」を創造することこそ全ての人間に与えられた使命だと思っています。

問題を解決したり便利にしていくことだけがより良いことだと思えないのです。

不便だからこそ、問題があるからこそ、非効率だからこそ、不完全だからこそ、だからこその良さって無いんですかね?

 

自然は素晴らしくて、全てをそこに与えてくれています。

何も要らない。

何一つ加えることなく、全てをその「自然循環法則」によって、与えてくれるのです。

その自然の摂理こそが答えであり、真理だと思うのです。

 

人は、生まれ、親の愛を受け育ち、同時に多くの人との関わりという社会に育てられ、やがて恋愛をして結婚します。

そして子を産み、育て、その子孫が永続してほしいと切に願う。

それこそが人間としての本分ではないのでしょうか?

 

人間の本当の喜びとは、実際の経験でしか得られない。

人と人との触れ合う喜びはVRでは決して得られない。

いつでもどこでも美味しいものが食べられる? たまに食べるから、その季節しか・その地域でしか食べられないから、美味しいというのもあるのでは?

どこでもいつでも携帯で会いたい人と会える? だからこそ疎遠になってしまっていませんか?

 

この社会の行きつく先、私は人類の破滅しか思いつきません。

そこに向かって全力疾走しているようにしか感じれません。

資源を奪い合い・食い尽くし、貧富・格差が広がれば更なる争いが起き、際限のない欲望にまみれたそんな奴らが医療革命で死なない体を手に入れるとしたら・・・・人工知能が人間不要と答えを出すのも時間の問題ではないですか?

死の無い人生?そんなもの地獄以外なにものでも無い気がします。

 

もっと子供たちに愛を与えるべきではないかと。

未来の子孫へ優しい社会を創造するべきではないかと。

それこそが自然の摂理であり、自然こそが天が我々に与えてくれた最高の恩恵。

現在の腐敗した政治では世の中を変えることは無理だと思っており、だからこそ我々が自分達自身で変えていかなくてはいけないのかなと。

 

どんな形が理想なのかよく妄想するんだけど、段階的に進めないと混乱するので、まずは生活に困らないだけのベースとなる生活費を無償で支給することかな。

もしくは生活に必要なインフラ全てを無料使用できるようにすることかな。

コミュニティが必要になるので、近い将来全循環型の「村」を作りたい。

皆で野菜作って。村単位で交流したり。楽しそう!!

 

まずは大富豪になりますけどね。

 

長くなってしまったので、もう終わりにしますね💦

最後に面白い映画をご紹介します。

美しき緑の星 on Vimeo on Vimeo

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日の釋’s取り組みFIVE】
①徹底した節約をする。
 今日のお昼は会社のキッチンで、インスタントラーメン。

 冷蔵庫にあったタマネギを刻んで炒めたのとタマゴを落とした「タマタマネギ味噌ラーメン」(50円くらい?)を食べました~!

 

②給料以外の収入を得る。
 準備中~。

 

③少しでもレベルの高い人(収入の高い人)と会う。
 今日は誰とも会いませんでした~。


④情報や知識をたくさん仕入れる。

    「美しき緑の星」を皆さんに紹介したら、久しぶりに見たくなって思わずそのまま観賞してしまいました(笑)

 この映画、ギャグっぽいというか風刺なのか、笑える場面もあるのですが、内容的に考えさせられることがたくさんあって、本当に大事なことは何かを伝える映画なんですよね。

 だけど、この資本主義経済社会では「悪」とされているようで、ネット上からはどんどん削除されているようです。

 

⑤毎日ビジネスアイディアを考える。

 村作りたい。

 これはビジネスアイディアではなく、単に私の欲求です(笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー